先輩メッセージ佐伯さつき会で働く先輩に
一番大切なこと、聞いてみました!

人に目を向ける
看護でありたい

看護職員2014年入職

利用者一人ひとりに
しっかり目を向けた看護へ

看護師として各地の病院に勤務していました。それまで長年「夜勤が日常」という生活でしたが、子どものことを考えて、時間的に自由がききやすい職場はないかと探した末に、佐伯さつき会へ応募しました。介護施設は24時間体制で動いていますが、看護師は電話待機の時間はありますが、基本的に夜勤がないですし、有給もとりやすいので、子どもたちの行事にも積極的に参加できるようになりました。
同じ看護師でも病院勤務と大きく違うのは、回復された方が退院されて入れ替わるのに対し、こちらでは「生活」が毎日続いていくということです。以前は医療の最先端は病院だと考えていましたが、こちらに来て、高齢者の方が過ごされているすべての時間をケアする一員となってみると、高齢化社会に向けた経験を積むという意味では、利用者の方にしっかり目を向けた看護を経験できる、最前線だと思っています。
自然に囲まれた場所で働きながら利用者さんと「桜が咲きましたね」「鳥の声が聴こえたね」と会話する毎日に、新しいやりがいを感じています。

  • 介護施設の看護師だから
    できる経験があります

    看護師・准看護師の資格を持っている人は勤務先に病院を選ぶイメージが強いと思いますが、介護施設の看護師に向いている人もいると思うんですよ。ここは救急の治療がない代わりに、一人ひとりの利用者の方と向き合って過ごす時間がある。一緒に話したりすることも治療なんだと気づける場所なんです。忙しいのが苦手な方とか、お年寄りが好きな方とか、この職場に合っている人が応募してくれたらいいなぁと思っています。高齢者に関する認定看護師を目指すための経験を積みたいという方にも適していると思いますよ。

  • イメージ01 イメージ02
介護職員

私が一番大切にしていること

業務を簡潔にして、
向き合える時間を増やす

介護施設は、食事や入浴など、短期集中で対応しなければならない仕事が多い場所です。そのため、あらかじめ準備したり、無駄な作業を減らすなどの工夫をしています。作業に追われた結果、利用者さんと向かい合えないというのは本末転倒ですから。

Message