先輩メッセージ佐伯さつき会で働く先輩に
一番大切なこと、聞いてみました!

私を変えた原動力は
感謝いただけること

介護職員2009年入職

利用者さん一人ひとりに
「楽しい気持ちになって欲しい」

特養で介護職を担当しています。利用者さまのお世話をするのが好きで、毎日「あの人はどうしているかな?」と考えながら通勤しています。介護の仕事では、作業を時間通りに進めるだけではなく、利用者さん一人ひとりに「楽しい気持ちになって欲しい」と思うことが大切だと思っています。だから、性格や好きな食べ物を把握したり、今日の気分を観察して、過ごしやすい接し方を心がけます。少しご機嫌がすぐれない場合は、他のスタッフにも伝えて、少しそっとしておいてあげるなどの配慮もします。女性も多いので、髪のとき方とか、ちょっとした身だしなみにも気を配ったりもしています。
じつは学生の頃まで、おとなしい性格でした。介護の仕事をはじめてからは、毎日が楽しく、ご利用者さまに感謝していただけることが、私の原動力になっています。同窓会で久々に会った友人からも「笑顔が増えたね」「別の人みたい」と褒められたこともあって、自分に合う仕事をしているんだなぁと気づくことができました。長く勤めて行けたらと思っています。

  • 一度はあきらめた「介護」
    実際に働いてみて正解でした

    おばあちゃんっ子だったので、「高齢者のお役に立ちたい」と自然に考えていました。しかし、「介護職は大変そう」とか、待遇の不安など、周りの情報に流されて最初はリハビリの専門学校に入ったんです。でも、「高齢者の生活のお世話をしたい」という気持ちが忘れられず、介護の専門学校に再入学しました。卒業後、出身地の島根にも近く、都会過ぎない自然に囲まれた場所として選んだ職場が佐伯さつき会でした。実際に働いてみると利用者さまのお世話をすることが毎日楽しく、待遇もしっかりとしたもので、ここを選んで良かったという気持ちでいっぱいです。

  • イメージ01 イメージ02
介護職員

私が一番大切にしていること

愛情を持って、
いつも気にかける

利用者さんは、集団生活の中にいるので、気持ちのゆれ動きなどもあります。いつも愛情を持って接し、その方の表情やしぐさをいつも気にかけます。ことばで訴えられない方もいるので、気持ちを察して動くようにしています。

Message